ジェットスター・ジャパンで格安航空券を買うためには

大阪から東京まで4200円で行けたときのチケットの取り方

格安航空券が本当に格安で手に入る / 大阪から東京まで4200円で行けたときのチケットの取り方 / コツは、安いけど、まだまだ安くなるかも、と思った時点で買うこと

では私が大阪から東京まで4200円で行けたときのチケットの取り方です。
ジェットスター・ジャパンは運賃の取り決め方を空席連動型という仕組みでしていることは有名なことです。
つまり、普通の人が中々会社を休めない時期であれば飛行機の空席が多くなると予想されるので、安くなるという仕組みです。
大体私は6月や2月に狙っています。
6月や2月にどこかへいくためにはその2ヶ月くらい前からチケットのチェックを始めるということです。
そして、ジェットスター・ジャパンのセール情報をいち早く察知するためにアクセス媒体を多く持っています。
まずはジェットスターのメルマガに登録します。
そして私はSNSでもジェットスターのフォローをし、1年で6回以上使うと決めて有料会員のメルマガにも登録しています。
これは年会費が3390円かかるのですが、この約4000円を支払うことでチケットのセール情報などが手に入りますから、6回もになると安い情報料なのです。
他にも会員になっていたらホテルなどの割引がきいたりもしますので、一人旅なら丁度良いのです。